Blender Addon Review : パイプ自動生成(Pipe Nightmare)

Share to..

【バージョン2.79b用】

このアドオンは下図のように何本ものパイプを簡単に生成するアドオンです。
パイプが密集しているところの作成が簡単にできます。

 

★入手方法

Blenderartistsのフォーラムから。

 

★操作方法

パイプの追加は、「Shift」+「A」キーのAddメニューの「Curve」内に「Pipes」という項目ができるので、これを選択。

 

デフォルトのパイプがシーン内に表示されるので、オペレータに表示された各プロパティでパイプの形状などを調整します。

 

大雑把に言うと以下の通り。

  • 「General」ではパイプ全体の大きさや厚み、重なりの数。
  • 「Length X」、「Length Y」、「Thickness」、「Details」はパイプの形状(曲がり、太さ、角の丸み)。
  • 「Resolution」は表面の精度(パイプのCurveオブジェクトのResolution)
  • 「Seed」はパイプ生成のランダムさ加減。

下から2番目の「Create Empty」をオンにすると、バラバラのパイプオブジェクトをCube型のEmptyでペアレントして、一塊にしてくれるので扱いやすくなります。

 

★感想

ランダムなパイプの集まりのオブジェクトを生成してくれるので、背景やメカものの一部に使うのに便利です。ただ、すべてCurveオブジェクトで生成しているので、パイプに汚れなどのマテリアルを付けたいときは、ノードを組むか、メッシュに変換して、UV展開して、ペイントするといったことが必要です。

ダウンロードページのTo Doにはメッシュ化→UV展開があるので、バージョンアップ待ち。

それと、個人的には曲がり角の部分はもっと丸くできるようになればなぁ~

 

★バージョン情報

この記事を書いたときのバージョン:

Blender:2.78c

アドオン:0.3.32