Marvelous Designerの本を出しました!

Share to..

10/27に開催されたBlendxJP3でお披露目したのですが、やっと、Marvelous Designerの講座本を出しました。

この本はMarvelous Designerをこれから始める人、すでに使っているけど良い日本語のリファレンスを探していた人を対象にMarvelous Designerの使い方、衣装制作について解説した本です。

現在、こちらのBOOTHのページで販売しております。

PDF版で316ページ、2500円です。

 

実際の制作手順をステップ・バイ・ステップで解説したチュートリアルを通してMarvelous Designerの使い方が分かるように執筆しました。基本的な形を通して操作方法の理解を深めることができます。その後、ポケット、襟の部分、プリーツなど特定のパーツの制作方法を個別に説明するので、後でユーザー自身が制作する衣装のデザインに組み込んでいけるようになります。

なお、かの3D人さんのところでも紹介してもらえました!
記事はこちら。

 

特徴

  •  Marvelous Designer衣装制作を基本から学べる。
  •  体に合った衣装の制作方法を学べる。
  •  他のCGソフトとの連携、アニメーションデータの再利用方法が学べる。
  •  制作における33のTipsや注意点を大公開。

 

特典

  1. 次期バージョンのMarvelous Designer 8リリース後、8に対応した内容に改訂したものを、購入者に無料配布。
  2. 本書で説明したMarvelous Designerのデータ(一部)をダウンロード可。

 

目次

  • はじめに
    1. Marvelous Designerとは
      1.1 どのようなソフト?
      1.2 日本語ユーザーインタフェースへの変更について
    2. 基本操作
      2.1 画面レイアウト
      2.2 保存方法
      2.3 マウスを使った視点操作
    3. 衣装の製作
      3.1 Marvelous Designerでの衣装制作
      3.2 パターン製作について
      3.3 アバターの読み込み
      3.4 アバターを中心とした視点操作
      3.5 Tシャツを作る
      3.6 現実の型紙をトレースして作る方法
      3.7 アバターから直接パターンを作る方法
      3.8 ズボンの制作
      3.9 シミュレーション・プロパティによる衣装の調整
      3.10 シミュレーション時のツール
      3.11 生地(Fabric)の設定
      3.12 ポーズの変更
    4. アニメーション制作
      4.1 基本的な制作の流れ
      4.2 照明と風の設定
    5. 他のCGソフトとの連携
      5.1 他のCGソフトからのデータインポート
      5.2 配置点と配置仮想円柱の調整
      5.3 配置点と配置仮想円柱のカスタマイズ
      5.4 アバター編集ウィンドウと保存
      5.5 UVマッピング
      5.6 データのエクスポート
      5.7 Blenderとの連携
      5.8 Substance Painterとの連携
      5.9 ZBrushとの連携
    6.  衣装パーツごとの制作方法
      6.1 ポケットの作り方
      6.2 ファスナーの付け方
      6.3 パイプの付け方
      6.4 ボタンの付け方
      6.5 ステッチの付け方
      6.6 スチームの使い方
      6.7 襟の作り方
      6.8 しわの付け方
      6.9 結び目の作り方
      6.10 フリルの付け方
      6.11 プリーツスカートの作り方
  • おわりに
  • Tipsリスト
  • 索引

 

よろしくお願いします。