このサイトではBlenderやMaxwell Renderの使い方を初めての方でも分かり易いように解説したチュートリアルと藤堂+の作品やCGに関連した参考書、Webサイト、CG(VFX)を使った動画を紹介しています。

CGrad Project Logo

Archive for the 'Blender' Category

Bledner2.6マスターブックが遂に発売されます!←発売されました

やっとBlender本が発売までたどり着けました!Blender 2.6マスターブックです。
なんと736ページもあります!しかも全ページフルカラー!

Blender 2.6 マスターブック表紙

前回より濃密な内容。でも初心者の方にも使ってもらえるように、最初に簡単なチュートリアルを載せ、
その後に本格的な制作のチュートリアルを載せています。なお、バージョンは2.68a対応で書いています。
初めてBlenderを触る人のために、スクリーンキャプチャ画像は日本語インタフェースにしていますが、
解説では英語名も併記しているので、英語インタフェースを使っている方もその対応は取れるように
なっています(というか、表示言語ってどっちだって大した違いはないよね?表示位置同じだし)。

今回の本の内容はBlenderの全機能を解説しているわけではありません。なのに、736ページ!
つまり、使えるようになることを目的にしているので、モデリングからレンダリング(Cycles, Freestyle)、キャラクター
アニメーション、コンポジット、ビデオ編集、オーディオ、3Dプリントと、プロダクトデザイン制作から
静止画・アニメーション制作ができるようになることを目的にした内容です。
チュートリアルも単にひとつの作例を実践するというよりは、講義しているような内容にしました。
以下は概要です。これ以外のチュートリアルや機能解説充実してます。

作例一覧

中身の雰囲気はこんな感じ(↓)


なお、出版社の社長さんによると、本は一部の書店にしか置かれません。
週刊誌じゃないので、全書店には無理です。最初に店頭に並ぶ書店は以下の通りです。

・紀伊国屋新宿本店
・有隣堂秋葉原店
・書泉ブックタワー
・ジュンク堂池袋店(20日午後に搬入)
・翔泳社ネット書店(http://seshop.com/product/1/ )

上記の書店で、9/26~10/2の間に販売が開始されるそうです。書店により販売日は
バラバラだそうで・・・。(他の書店は徐々に浸透)

Amazonでも販売開始されました!(Amazonでのご注文はこちら

なお、出版社(カットシステム)の直販サイトからは9/20から販売されています!
こちらからどうぞ 

なんでも、9月は半期決算の締め切りなので、駆け込み出版が多いらしく、押し出されて取り扱われるのが
10月以降になるところもあるそうです。

お値段ですが、7140円(本体6800円)します(高い?私が決めたのでないので・・)。

高いかもしれませんが、このチュートリアルの内容で、この解説では安いと思いますよ~。
それにこの厚さでフルカラーなんで、それだけでもしょうがないと思います。
CG系のトレーニングDVDの相場や、最近ではアンドリュー君のアカデミーが5万もするのと
比較してもお買い得かと。

目次は以下の通りです。

1章 Blenderとは
2章 Blender導入
3章 Blenderの画面説明
4章 基本操作
5章 3Dビューの表示について
6章 Blender入門
7章 モデリングをマスターする
8章 マテリアルをマスターする
9章 ライティングをマスターする
10章 ワールド設定をマスターする
11章 カメラ設定をマスターする
12章 レンダリングをマスターする
13章 ノード機能をマスターする
14章 リアルなレンダリングをマスターする
15章 アニメーション制作の基本をマスターする
16章 キャラクター・アニメーションをマスターする
17章 動画編集をマスターする
18章 音声の組み込みをマスターする
19章 アニメ調レンダリングをマスターする
20章 3Dプリント支援機能をマスターする
付録 – アドオン、ショートカットキー、関連情報

なお、本当はスカルプトや、オブジェクト/カメラトラッキング、シミュレーションなどを
追加したかったのですが、そうすると倍のページ数でも足りなくなるので、これでご勘弁を。

良かったら、ご購入くださいませ!

 

 

3Dプリント、ウッドライクで出力してみた!

3Dプリントサービスを提供しているインターカルチャーさんのところで、
木の感じの出る素材(ウッドライク)が期間限定で安くなっていたので試してみました。

今日、その荷が届いたー。

中身はこのようになっていて、丁寧に梱包されています。

なんでも、頼んだのは1つだったけど、社内検討のため造形方向による積層跡の出方
の違いを試されたとか、で、それも1個おまけに送られてきました。
縦方向に出力したときの方が綺麗でした。横置き方向で出力された方は少し粗かったです。

で、これがその結果(縦置き出力の方)。

木を削りだして作ったような素材!磨くとスベスベになると同封の説明にはあるけど、
この大きさのをゴシゴシ磨くのは折れそうなので難しいかな。
ちなみに元もとのデータはこちら。
Blenderで作った簡単なスザンヌのモデル。こうして見ると、ちょっと細身になってる?

出力したものが小さいせいか、目のところが細かく再現はされてません。
ちなみに、Blenderから STLでエクスポートしたデータを、別のSTLビューアーである
netfabbで表示したときの結果は以下の通り。目のところは潰れていないので、
エクスポート時の影響ではないみたい。

なお、ウッドライクでなく、樹脂でこれを出力したときも同じようになって出力されていたので(
たぶん、別の機種)、出力サイズによるところが原因と思う。全体の出力サイズも
考えておかないと、細部はこうなるってことです(当たり前か)。一方、細部に合わせて全体を
大きくすると、費用が高くなる・・・。ぬおぉぉぉ

今回のウッドライクお試しキャンペーンはSサイズからLサイズまであり、高さによって
値段が変わります。写真の大きさはSサイズ(65x75mm)、高さ30mm以下の料金で
1980円!送料が740円で、合計2720円でした。

キャンペーン以外は出力サイズが大きい代わりに、27,000円が最低価格なので、
お試しの今がチャンスです。

ウッドライクお試しキャンペーンは8/31まで(こちら) 

なお、インターカルチャーさんの販売ページでは、あのShigeさんの作ったiPhoneケースも
販売している!(こちら

これで我が家には2011年にiMaterialize社が一時日本から撤退する前に出力したもらった
もの(こちらの投稿)と、この前の3Dデータを活用する会に出力されたものと合わせ、3つに増えた。

 

 

 

Addon: VSE Transform Tool

BlenderのVideo Sequence Editor(VSE)を使ったことある人なら、気が付いているはず
ですが、VSEはそこそこの動画編集や2つの動画間の遷移時に使うワイプ、カラーコレクション、
重ね合わせができますが、まだまだです。(早くAfter Effects並みになってほしい~)

After Effectsまではいきませんが、VSEにプレビューを表示している状態(Stripでなく)で
「移動(G)」、「回転(R)」、「拡大縮小(S)」という基本的な操作ができるアドオンが、
VSE Transform Tool。
まず、この記事執筆時点での最新版は以下のURLからアドオンを入手できます。

https://dl.dropbox.com/u/81245033/VSE_Transform_Tool.py

まだ改良されるかもしれないので、こちらのフォーラムのスレッドは見ておいた方がいいかも
(今後も使い続けるなら)。

http://blenderartists.org/forum/showthread.php?280731-VSE-Transform-tool

で、使い方は以下の動画でも分かることは分かるけど、無言だし、押したキーが表示されるように
なっていても、どの操作がアドオンの操作かすぐには分からない状態な動画・・・。
一時停止して良く見れば分かるけど。

そんなわけで以下に補足説明。

まず、アドオンをインストールして、有効にしたら、VSE上に何かStripを配置します
(動画でも静止画でもOK)。
その後、VSE上でそのStripを選択した状態で、「T」キーを押します。
すると、図のようにTransformという新しいStrip(Effect Strip)が作られます。

それと同時に右側のプロパティに、Effect Stripパネルが追加表示され、位置関連の
プロパティが表示されます(これは通常方法でTransform Stripを追加したものと同じ)。

VSEのヘッダにある表示モードのボタンのうち、プレビューを表示するボタンを押します。

プレビュー上ではマウス右クリックでの選択、「G」、「R」、「S」キーでのトランスフォーム操作、
そして、「I」キーでのキーフレーム設定ができます。これにより簡単なアニメーションも作れます。

で、試したときの画面。

なお、上記のようにこのアドオンにより操作できるものは限られているので、これでガシガシ動画を
組み合わせて何かを作ろうと思ってはいけない。それと、このアドオンでトランスフォームした後に
WipeなどのEffectを追加する場合には、そのStripでなく、Transform Stripを選択して行う必要があります。

というわけで、もともとTransform Stripはあったけど、表示位置の設定はプロパティでやっていたのが
プレビュー上で出来るので、その点が便利なアドオンです。

 

 

Addon:Pie Menu (1/28版)

Blenderにカッコいいメニュー表示を実現するアドオンのPie Menuについては、
以前、こちらの投稿で紹介したけど、最新版では表示できるメニューの数が増えてた。
1/28版ということで、少し前の日付になるけど、新しいのが出てこないので
当面このバージョンのままなのかな(だからブログに書く気になったんだけど)。

おさらいだけど、アドオンの入手とインストール、使い方は、こちらのスレッドに全て書いてあって、
それを読めばここで新たに書く必要もないくらい。
(最新版は2.66(公式テストビルドを含む)以降でないと駄目みたい)

だけど、メニューのスクリーンキャプチャが全部ないのでここで紹介します。

アドオンを有効にして以下のキーを押すと、3Dビュー上にメニューが表示されます。

・「Tab」キー・・・モード選択メニュー

・「Q」キー・・・ビュー選択メニュー。もうEmulate Numpadなんて使えないねぇ~

・「Ctrl」+「Tab」キー・・・選択メニュー

・「Z」キー・・・シェーディングモードメニュー

・「. 」キー・・・ピボットメニュー(テンキーの . ではない)

・「X」キー・・・削除メニュー

・「O」キー・・・Proportional Editingメニュー

・「Ctrl」+「Space」キー・・・マニピュレーターメニュー

<以下、Sculptモードで>
・「A」キー・・・Strokeメニュー

・「V」・・・Brush Controlメニュー

・「Ctrl」+「T」キー・・・テクスチャメニュー

・「1」キー・・・Greyブラシメニュー(テンキーではない)

・「2」キー・・・Redブラシメニュー(テンキーではない)

・「3」キー・・・Tanブラシメニュー(テンキーではない)

<以下、Particleモードで>
・「1」キー・・・Particle Combメニュー(テンキーではない)

以上!

 

 

Addon:Sun Position(2/7アップデート機能について)

前回のブログ投稿から気が付けば1か月以上経ってしまった・・。久々の投稿。
サボってたというより、Twitterで毎日いろいろと情報発信してたし、忙しいし。
もし、新たにTwitterでフォローしようとしている方がいるなら、お知らせしておきますが、
私のTweetは早朝が多いですw  昔から朝型体質なので。
言い換えれば、お昼頃出社して深夜に帰るような会社が多い、あの業界では働けませぬわ!

アドオンのSun Positionが少し改良されました。HDR テクスチャを背景に使って、
Sunオブジェクトにしたものとリンクさせる機能が追加されているのでご紹介

その説明をする前に、Sun Poaitonアドオンの簡単な説明(初めての方のために)。
ちなみに、最新版のアドオンのファイルと、ちょっとはしょり気味な説明はBlender wikiに
あります。最新のアドオンが動くBlenderのバージョンに制限があるので注意。
昨日リリースされた2.66テストビルドならOK。

http://wiki.blender.org/index.php/Extensions:2.6/Py/Scripts/3D_interaction/Sun_Position

Sun Positionアドオンは、Sunランプの位置を地図上の緯度経度や時刻で設定できるもの。
つまり、元々のSunランプのSky&Atmosphereが有効になっているとき、Sunランプの光線の
方向で空の色が変わるのを緯度経度、時刻で設定できるようにしたもの。
Maxwell Renderなんかには昔からあった機能で、厳密に地球上の場所と時刻で空の色を
再現したい人が使うのが狙いの機能だったようだけど、実際には現実の大気中には浮遊
している物質などがあるので、緯度経度や時刻だけで同じ空の色が再現できるものでは
ないんだけどね・・・。
このSun PositionアドオンはBlender Internalでも、Cyclesでも使えて、Blender Internal
のときはSunランプを用意してSky&Atmosphereを有効にしないといけないし、
CyclesのときはSky Textureを設定しておかないといけない。後はやれば分かる(かも?)。

ここからが新機能のSun+HDR Texture Modeについて。たぶん、Blender wikiのページを
見ても意味分かんないと思うので解説します(あ、昨日ははしょり過ぎだったwikiが、
いつの間にかまともなものに書き換わってる!)。
まず、新機能を使うには、アドオンを有効にしたら、Worldのところに表示された「Sun
Position」パネルの右側の小さなボタンを押します(設定ボタン)。

Preferenceが表示されるので、「Sun+HDR Texture」をオンにして、「Done」ボタンを
押します。これでSun+HDR Textureが使えるモードになります。

ここからはCyclesを使ったときの説明にします。
Worldの「Surface」パネルで、Backgroundに「Environment Texture」を設定し、
HDR画像を読み込みます。Projection方向などは読み込んだ画像に合わせて設定。

「Sun Position」パネルの「Enable」ボタンを押します。表示されたパネルの
「Use sun object」にSunランプまたはEmissionが設定されたオブジェクトを設定します。
ここではSunランプが設定されたLampオブジェクトを指定しています。

Sun(Lampオブジェクト)がパネルの「Distance」、「Elevation」、「Rotation」の値に
リンクして配置されるようになります。これらはグローバル座標系原点を中心とした
太陽の位置で、単語の意味分かるよね?RotationはAzimuthみたいなもの。

「Bind Texture to Sun」ボタンを押すと、背景に読み込んだHDR画像とSunの位置との
位置関係が固定され、Sunの位置(DistanceとRotationのみ)に追従するようになります。
HDR画像を使う場合、Rotationで方向を変えられるのは非常に便利です。
表示モードをCyclesのRenderモードにすると、HDR画像が表示されるので確認できます。
(補足:バグなのか偶に3DビューにHDR画像が正しく表示されないことがありました。)

一方、「Sync Sun to Texture」ボタンを押すと、3Dビューに読み込んだHDR画像が
表示されます。ここで太陽の位置をマウス左クリックで決めます。
なお、この表示された画像上で「F1」キーを押すと、ショートカットキーリスト(ヘルプ)を
表示することができます。
太陽の場所を決めたら、再度「Sync Sun to Texture」ボタンを押して、SunとHDR画像の
位置関係を固定します。

IBLの場合は余計な照明は不要だけど、メインの光がHDR画像をいじるだけでは十分な
強さが得られない場合に、照明を追加して、HDR画像に写っている光の方向と合わせるのに
便利です。

一度リンクしたHDR画像とSunを解除するには、「Release binding」ボタンを押します。

下図は窓の方向にSunを配置したときの結果です。Sunの光の方向は常に
グローバル座標原点を向いているので、原点に対象となるオブジェクトを置けば、
上手く光に当たります。

 

 

 

あけまして、おめでとうございます!

2013年にもなり、体調もよくなってきたので作業再開。
ただ、妻に風邪が移ってしまったので、まだまだ我が家は抜け切れてないですが。

今年はバシバシ(?)というか、アグレッシブに行きたいですなぁ。
あの震災のせいで、すっかりペースが狂ったけど、今年あたりでやっと元のペースに戻せるかな、かな?
(おかげで、社会のいろんなことの勉強にはなったが)

さて、Blender.jpで恒例の年賀状デザインコンテストしてます。
今年は私も賞品提供をさせてもらいました。優勝者には、yamyamさんからの賞品に加え、
今年、出版する予定の「Blender2.??(ほにゃらら)マスターブック」を出版時に差し上げます。
今、気合入れて分かりやすい説明を心がけて執筆中です。

まだ、締め切りでないので、参加しては?

詳細はこちら

では、本年もよろしく~!

 

 

Addon: IES Lamp to Cycles

IESデータをインポートするアドオンがあった。Blenderしか使ったことないユーザーには
馴染みがないかな? IESデータとは、本物の照明の計測データが収められたデータのことで、
照明メーカーから提供されている。
Maxwell Renderのような物理レンダラでは、室内シーンを作るときなんかに使われている。
BlenderだとCyclesがあるから、これから使う人もいるのでは?

で、このアドオンはIESデータをVector Curve、PNG、EXRのいずれかに変換して
Cyclesで使えるようにインポートするもの。アドオンの入手や作者による解説、サンプルは
こちらのBlender Forumのスレッドにある。

http://blenderartists.org/forum/showthread.php?276063-IES-Lamps-to-Cycles 

で、使い方は、インストールして、アドオンを有効にする。Cycleレンダラの状態にする。
FileメニューのImportに「IES Lamp Data(.ies)」が表示されるので、これをクリック。

すると、IESファイルを指定するウィンドウになる。この画面の左下にアドオンのオプションがある。

  • 「Strength」・・・照明の強度。IESデータの照明の強さとインポートしたもの強さのスケールが
    違うので、ここで調整するか、後で、ノードの所で調整が必要とのこと。
    実際、1でやってたら、結構強めに出てた(私が試したデータでは)。
  • 「Convert to」・・・変換形式。3種類選べるけど、今はまだPNG、またはEXRでいいと思う。
    現時点ではVector Curveは公式リリースされたBlenderのビルドでは対応していないため。
    なお、Vector Curveを使うと変換後のファイルを出力しないで済むらしい。
  • 「Color Temperature」・・・色温度。

 オプションを設定して、IESファイルを指定したら、PNGまたはEXRを指定したときは変換した
データの出力先を聞いてくるので、出力先とファイル名を指定する。

以上が完了すると、3Dカーソルの位置にポイントランプが追加され、以下のノードが構築される。

ランプ強度の調整はノードのプロパティの「Strength」で行う。で、以下は私が試した結果。
確かにIESデータのライティングの形状も再現されてた。

 

 

Windows 100% 2013年1月号 明日発売

Blender連載中のWindows 100% 2013年1月号が明日発売されます。
今回の連載は、オブジェクト・トラッキングです。

お約束の腕がサイコガンみたいになるものです。誌面の都合上、
オブジェクト・トラッキングの部分だけで、フッテージのマスキングや
コンポジットを書くことが出来ませんでした。単純な合成までです。
まぁ、オブジェクト・トラッキングにフォーカスしているということでご勘弁を。

なお、来年発売される2月号からは同誌の企画が変わるので、今回が
連載の最終回になります。これまでお買い上げのみなさん、ありがとうございました。
また、Blenderのバージョンアップで新規機能が増えてきたら、
連載が再開されるかもしれません。

 

ご購入はこちら

 

なお、既に次の企画があって・・・、

来春(?)・・・・、

お楽しみに!

 

 

Blender2.65 RC2出た

Blender2.65 RC2が出たようです。

ダウンロードはこちら。

 

 

「Blender 3DCGパーフェクトバイブル2013」見本誌届く

今日、いや昨日、Blender 3DCGパーフェクトバイブル2013の見本誌が届いた。
いい感じです。

中身はこんな感じ。

写真は追加したチュートリアル。ちなみに背景は地元の守谷駅前で撮影したもの。

基本的に過去の連載をまとめたものなので、各チュートリアルにはそのとき使ったBlenderの
バージョンがタイトルの下に明記してあります。一番古いので2.62で、これはモデリングの
チュートリアルなので、正式な最新であるバージョン2.64aでも操作に違いはないはず。

ご購入はこちら

 

 

次ページへ »