Addon :QRコードオブジェクトの生成(Local QR Code)

Share to..

【概要】

このアドオンは入力した文字列をQRコードに変換し、そのQRコードの形のオブジェクトを作ってくれます。QRコードはテクスチャで貼れば良いのかもしれませんが、オブジェクトとして作りたいときには便利です。もし、テクスチャからQRコードをオブジェクト化する作業を考えると結構大変でしょうから。

 

●本記事を書いたときのバージョンなど:

Blender :2.8β(2019/3/12版)
アドオン:1.2
作者:Jacob Welsh

 

【入手方法】

Blenderartists.orgのForumのスレッドから。

 

 

【使い方】

アドオンを有効にします。オブジェクトの追加メニューのメッシュの中に「QR Code」の項目が追加されています。

 

これを実行すると、QRコードオブジェクトが3Dカーソルの位置に表示されます。画面左下に表示されるオペレータでQRコードに変換するテキストを入力すると、QRコードオブジェクトも更新されます。

なお、これをスマホのカメラで読み込むと私のこのブログへのリンクになってます。

(上図のオペレータが分離できているのは、こちらのオペレータの表示位置を変えられるアドオンを使ってます)