Addon :ブラシサイズ・強さの変更を右ボタンにする(BrushQuickset)

Share to..

【概要】

(2020/1/13更新) ステンシル使用時の注意事項を追記。

(2020/1/7更新)2.8.2 alpha版ではブラシの強さのゲージ表示がエラーを起こすので、コードを修正。

 

スカルプトモードのときにブラシのサイズを変更するには「F」キー、ブラシの強さを変更するには「Shift」+「F」キー、または上部のツールバーで変更しますが、これに加え、Altキーを使った視点変更やスカルプト中のスムージング、スカルプト方向の反転などをしていると、左手の操作が多くなります。そのため、このようなアドオンは重宝します。

このアドオンはマウス右ボタンを押して、ドラッグする方向によりブラシのサイズ、強さを変更できるので、マウスのように筆圧が入力できない場合には非常に便利です。2.79b版もありますが、ここでは2.8版を紹介します。

 

●本記事を書いたときのバージョンなど:

Blender :2.81a, 2.8.2 alpha
アドオン:0.8.3, 0.8.4(for 2.8.2)
作者:Jean Ayer(vrav)

 

【入手方法】

作者さんのこちらのページからダウンロードできるのですが、これ2.8の文法になっていない部分があり、Warningが出ます。(なお、こちらのページでは他のアドオンも入手できます。私は使ってませんが)

※私がWarningがでないように修正したものは、こちらからダウンロード(2.8.1までのバージョンに対応)できます。

※2.8.2 alphaでのエラーが出ないようにしたバージョンはこちらから

なお、Blenderartistsフォーラムのこのアドオンのスレッドはこちらです。スレッドではキー設定を自分でするような記述がありますが、現時点では自分でキーを設定する必要はなくなりました。

 

[GARD]

 

【使い方】

アドオンを有効にすると、スカルプモードでマウス右ボタンに設定がなされます。使い方は以下の通りです。

 

●ブラシの強さの変更

スカルプトモードで、マウス右ボタンを押しながら水平方向にドラッグします。

 

●ブラシのサイズの変更

スカルプトモードで、マウス右ボタンを押しながら垂直方向にドラッグします。

 

こちらは操作時に数値が表示されませんが、円のサイズで判断するか、上部のツールバーに標準仕様で表示されているブラシのプロパティ値が連動して変わるので、それで直ぐに確認できます。

 

※このアドオンを有効にすると、ステンシルモードでのステンシルするテクスチャの移動が右ボタンで出来なくなるので、ステンシルの移動についてキーを再設定する必要があります。以下の例は「Shift」+「Ctrl」+右ボタンを割り当てたときの設定です。

 

Chinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanSpanish