Blender Addon Review: VSE機能をより使いやすくするアドオン(VSE Quick functions)

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

このアドオンは、BlenderのVideo Sequence Editorの使い勝手を良くすることができるアドオン(snuさん作成)。
Blenderで動画編集をやる人は導入してもいいのでは。以下の機能がある。いずれもVSEのSequencer画面での操作になる。

(2016/11/8)バージョン0.9の内容に更新。Blender 2.78aで動かない機能があったので追記。

 

★入手方法

Blenderフォーラムのこちらのスレッドのリンクから。

 

 

★使い方

具体的には作者のsnuさんが作成した以下の動画の通り。大きく分けて、ヘッダのViewメニューの操作(2.78aでは使用不可でした)、VSE上での操作、VSEのプロパティシェルフ上での操作がある。

 

 

ざっと機能を挙げると以下の通り。

 

  • Auto Following、Auto Snapping・・・Blender2.78aでは使用できない。
  • Quick parent・・・ストリップ間にペアレント設定ができる。
  • Quick snap・・・「S」キーで現在のフレームまたは選択しているストリップのスナップ操作
  • Quick fades・・・フェードイン、フェードアウト設定。
  • Quick List・・・VSE上のストリップのリスト表示。リスト上で表示、ロック、長さ、位置の操作が可能。
  • Quick Marker・・・VSE上のマーカー設定関連の操作。マーカ選択で現在のフレーム移動が可能。
  • Quick zoom・・・「Z」キーでVSE上の表示縮尺の変更。
  • Quick titiling・・・タイトルの追加。)

 

VSE上の操作は、以下のショートカットキーでメニューが表示されます。以下は2.78aで使えるもののみ掲載してます。

「S」キー・・・ストリップとカーソルのスナップ操作。

「F」キー・・・フェード効果の追加関連の操作。

「Z」キー・・・ズーム関連の操作。

「Ctrl」+「P」キー・・・ストリップのペアレント設定。

「Alt」+「M」キー・・・VSEのプロパティシェルフにあるQuick Markersで設定したマーカーを現在のフレームに設定。

 

VSEのプロパティ・シェルフでの操作は、Quick List、Quick Markers、Quick Fadesのみ利用できます。

 

★感想

使えそうだなと思ったのは、Quick Snap、Quick zoom、Quick Markersかな。ショートカットキーも押しやすいので作業効率もアップ。Blenderフォーラムのページでは他にも機能があるけど、Blender 2.78aでは使えないみたい・・。

以前紹介したVSE Transfer Toolと合わせて使うといいと思った。

 

★その他

この記事を書いたときの各バージョン:

Blenderバージョン:2.78a
Addonバージョン:0.9

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。