このサイトではBlenderやMaxwell Renderの使い方を初めての方でも分かり易いように解説したチュートリアルと藤堂+の作品やCGに関連した参考書、Webサイト、CG(VFX)を使った動画を紹介しています。

CGrad Project Logo

Archive for the 'Video Sequence Editor' Category

Addon: VSE Transform Tool

BlenderのVideo Sequence Editor(VSE)を使ったことある人なら、気が付いているはず
ですが、VSEはそこそこの動画編集や2つの動画間の遷移時に使うワイプ、カラーコレクション、
重ね合わせができますが、まだまだです。(早くAfter Effects並みになってほしい~)

After Effectsまではいきませんが、VSEにプレビューを表示している状態(Stripでなく)で
「移動(G)」、「回転(R)」、「拡大縮小(S)」という基本的な操作ができるアドオンが、
VSE Transform Tool。
まず、この記事執筆時点での最新版は以下のURLからアドオンを入手できます。

https://dl.dropbox.com/u/81245033/VSE_Transform_Tool.py

まだ改良されるかもしれないので、こちらのフォーラムのスレッドは見ておいた方がいいかも
(今後も使い続けるなら)。

http://blenderartists.org/forum/showthread.php?280731-VSE-Transform-tool

で、使い方は以下の動画でも分かることは分かるけど、無言だし、押したキーが表示されるように
なっていても、どの操作がアドオンの操作かすぐには分からない状態な動画・・・。
一時停止して良く見れば分かるけど。

そんなわけで以下に補足説明。

まず、アドオンをインストールして、有効にしたら、VSE上に何かStripを配置します
(動画でも静止画でもOK)。
その後、VSE上でそのStripを選択した状態で、「T」キーを押します。
すると、図のようにTransformという新しいStrip(Effect Strip)が作られます。

それと同時に右側のプロパティに、Effect Stripパネルが追加表示され、位置関連の
プロパティが表示されます(これは通常方法でTransform Stripを追加したものと同じ)。

VSEのヘッダにある表示モードのボタンのうち、プレビューを表示するボタンを押します。

プレビュー上ではマウス右クリックでの選択、「G」、「R」、「S」キーでのトランスフォーム操作、
そして、「I」キーでのキーフレーム設定ができます。これにより簡単なアニメーションも作れます。

で、試したときの画面。

なお、上記のようにこのアドオンにより操作できるものは限られているので、これでガシガシ動画を
組み合わせて何かを作ろうと思ってはいけない。それと、このアドオンでトランスフォームした後に
WipeなどのEffectを追加する場合には、そのStripでなく、Transform Stripを選択して行う必要があります。

というわけで、もともとTransform Stripはあったけど、表示位置の設定はプロパティでやっていたのが
プレビュー上で出来るので、その点が便利なアドオンです。