このサイトではBlenderやMaxwell Renderの使い方を初めての方でも分かり易いように解説したチュートリアルと藤堂+の作品やCGに関連した参考書、Webサイト、CG(VFX)を使った動画を紹介しています。

CGrad Project Logo

Archive for the 'Light Group' Category

BlenderのLight Group

対象Blenderバージョン: 2.56 Beta (r34076)

ライトをある特定の対象にしか照らさないようにする方法には2通りあります。1つはレイヤーを分けて、ライトの設定でそのレイヤーのみ照らすようにする方法。そして、もう1つはLight Groupを使う方法です。

 

1. サンプルシーンの紹介
下図はモンキーとCubeオブジェクトがあるシーンで、右側からは赤い光を発するPointライトがあり、左側には青い光を発するPointライトがあります。オブジェクトのマテリアルはデフォルト設定のままです。

 

 

2. Light Groupの登録
シーン内の2つのPointライトを別々のLight Groupに登録します。まず、右側のPointライトを選択した状態で、プロパティ・エディタのヘッダの「Object」ボタンを押し、表示された「Groups」パネルで「+」ボタンを押します。

 

 

このグループ名をLight-redにします。

 

 

同様に左側のPointライトを選択して、新しいグループを作成し、これをLight-blueとします。

 

3. Light Groupの設定
オブジェクトごとに、そのオブジェクトを照らすライトをLight Groupで設定します。まず、右側のCubeを選択した状態で、プロパティ・エディタの「Material」ボタンを押し、表示された「Options」パネルで、左下にある「Light Group」のボックスをクリックして、先ほどのLight-blueを指定します。

 

 

次に、モンキーを選択して、今度はLight GroupにLight-redを指定します。
これをレンダリングした結果は以下の通りです。Light Groupに指定したライトでしか照らされていないことが分かります。

 

4. 最後に
Light Groupを設定したオブジェクトは、そのLight Groupに登録されているライトでしか照らされなくなります(複数のライトを1つのLight Groupに入れることは可能)。従って、場合によってはレイヤーを使ったライティングの調整の方が扱いやすいケースもあります。
ちなみに、「Options」パネルのLight Groupの下にある「Exclusive」にチェックを入れると、指定したLight Groupの光は完璧にそのオブジェクトのみを照らすのに使われます。