Blender入門#18:テクスチャ設定1

Step 1

ここではモデルに設定したマテリアルに模様となるテクスチャを貼り付けます。テクスチャにはBlenderが最初から持っているものと、外部の画像ファイルを読み込んだものがあります。ここでは後者のテクスチャを床のオブジェクトに貼り付ける方法を説明します。

まず、床のオブジェクトを選択して、マテリアルを追加します。マテリアルの設定はそのままにしておきます。次にプロパティ・エディターの「Texture」ボタンを押します。

テクスチャ

Step 2

表示されたパネルから「New」ボタンを押します。すると、テクスチャに関する設定パネルが表示されます。この状態は、Blender内にあるテクスチャ(Procedual Textureという)の”Clouds”が設定されている状態です。テクスチャもマテリアル設定と同様に複数のテクスチャを持つことができます。

下図の「Type」という部分のリストメニューから「Image or Movie」を選択します。

テクスチャタイプ設定

Step 3

下の方に新たに表示された「Image」パネルから「Open」ボタンを押します。すると、ファイルを読み込むウィンドウに切り替わりますので、以下のテクスチャをダウンロードしてください。ダウンロードしたテクスチャは2種類あります。ここでは、”wood_floor.jpg”を読み込みます。

テクスチャの読み込み

Downloadテクスチャのダウンロードはこちら

Step 4

テクスチャを読み込んだ後は、選択しているオブジェクトにどのようにテクスチャを貼り付けるか指定します。その設定をするのが、「Mapping」パネルです。

Mappingパネル

Step 5

デフォルトの状態では、「Projection」という部分が「Flat」になっています。これはテクスチャを一方向から貼り付けることを意味しており、今回の床のようなものには適した貼り付け方になります。このメニューには他に「Cube」、「Tube」、「Sphere」があり、例えばCubeなら立方体の各面にそれぞれにテクスチャを貼り付ける形になったり、Tubeなら円柱状のものの側面に巻き付けるような形でテクスチャを貼り付けます。では、これ以外の形状のものには?という話にはUVマッピングという手法がありますが、これについては、Blender 2.6マスターブックで詳しく説明しているので、そちらを参照してください。

ここではデフォルトの「Flat」ままにします。

Step 6

では、この状態でレンダリングしてみましょう。下図のようになってませんか?

レンダリング結果

Step 7

木目が粗いですね。これを修正するには、Mappingパネルの「Size」という部分の「X」、「Y」を3にします。これはテクスチャを貼り付けるX-Y平面内で大きさを3分の1にして張り付けることを意味します。

貼り付けサイズの調整

Step 8

貼り付ける面でサイズを小さくしたら、余白はどうするの?という心配は必要ありません。デフォルトでテクスチャを貼り付けるときに、テクスチャの大きさが貼り付ける面の大きさより小さい場合には、テクスチャを繰り返すという設定になっています。その設定は、「Image Mapping」パネルの「Extension」で「Repeat」に設定されている部分です。

Extension設定

Step 9

それではレンダリングしましょう。下図の通りに木目が細かくなったはずです。次の章では凹凸を付けていきます。

レンダリング結果2

 


オススメの本!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>