Blender Addon Review: レンダースロット指定が楽になる(KTX RenderSlot)

Share to..

このアドオンはレンダースロットをレンダリング設定のパネルから選択できます。特にAdvanced modeがいいです。

(2018/3/30)注意事項を追記。

 

★入手方法

Blenderフォーラムのこちらの記事から

 

 

★操作方法

アドオンを有効にすると、Renderパネルの上部にスロットのボタンが表示されます。レンダリングしたいスロットを選択して、レンダリングを実行するだけです。

 

レンダリングしたスロットには下図のようにマークが付きます(スロット1がレンダリング済み)。

 

なお、ユーザー設定のアドオンの設定のところで、Advanced Modeを有効にしておくと、Renderパネルに「Auto Advance」チェックボタンが表示されます。これを有効にしてからレンダリングすると、次回のレンダリングのために、自動的に次のスロット指定してくれます!

 

★感想

レンダリング先のスロットはUV/Image Editorのヘッダか、その画面で「J」キーを押して切り替えますが、何ともやりにくいなぁと思ってました。このアドオンのAdvanced Modeは次のスロットを自動的に設定してくれます。ただし、スロット8まで行くと、次はスロット1に戻ります。それと、特定のスロットに意味を持たせていて保持しておきたい場合は、Advanced Modeはオフにしておいた方がいいです。

(注意)Advanced Modeはレンダリングすると、すぐに次のスロットに移動してしまいます。そのため、結果を確認するにはスロットを戻さないといけないです。使いにくいです。

 

★バージョン情報

この記事を書いたときのバージョン:

Blender:2.79

アドオン:1.2.6