Dolly Zoom Shotの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

このDolly Zoom Shotとは、見れば「あぁ、これか」というもので、以下のBlenderで試しにやってみた動画の通りのもの(相変わらず、スザンヌは実験動物w)。

このショットは、「カウンターズーム」、「めまいショット」など別名でも知られているらしい。このショットはキャラクターの悟りや、驚きなど感情的な状態を表現するのに使われるショット。

やり方は、 カメラの位置をキャラクターから引き離しつつ(ドリーアウト)、カメラをズームインする。あるいは、カメラをキャラクターに近づけつつ(ドリーイン)、カメラをズームアウトすることで、ドリーとズームの変化が相殺され、キャラクターのサイズは一定のまま、背景だけが変化するようになる。
このときズームやドリーの速度により印象が変わってくる。激しい感情を表現するには素早く変化させることが多いとのこと(上の動画は試しにやったので、その辺は考えてなかった・・)。

Blenderでのやり方は以下の通り(上の動画での設定)。
Step 1. カメラの位置を動かすための2つのキーフレームを設定する。
カメラ位置の変更

Step 2. 設定したカメラの移動開始のキーフレームを設定したフレームで、カメラのプロパティの「Focal Length」上で「I」キーを押し、このプロパティにキーフレームを設定する。
キーフレーム設定

Step 3. 次にカメラの移動が終了するキーフレームに設定したフレームに移り、「Focal Length」の値を大きくしてスザンヌの大きさが元の状態と同じようになるところで、「I」キーを押してキーフレームを設定する。

なお、このショットについては、こちらの本が参考になります。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。